PCVRで超没入感のAVVRを始めよう!

PCVRですがPCのスペックに合わせてチョイスすると良いです。
例として自分の環境は↓
Windows10,Core i7-7700 3.6GHz,メモリーは8GB,グラボGTX1050 2GB
それで購入したVRヘッドセット

HP Reverb Virtual Reality Headset

スペック

4320 x 2160(LCD)、リフレシュレート90Hz、視野角114

2021年現在でも未だに最前線の画質を誇っており、まだまだ現役で使える性能だと思います。

右の電池は単4です。
各種サイトやオークションでもありますが、公式HPが安いし後述する初期型不良もあるので購入するなら公式が一番良いと思います。もちろんコントローラーも付属です。

グラボだけ心配だったんですが、Steamのホームでカックカックになりながらもなんとか動作しましたw
試しに買ってみたVR彼女もGTX1050でプレイ出来ました。

PCVRグラボを新たに追加

しかしAVVRの画質が2Kだと多少カクつくので、後にGTX1060(15000円程)を導入してみた所ホーム以外は、ほぼスムーズに動いたので現状これで満足しています。

ちなみにSteamの動画再生プレイヤーを直接開けばSteamホームに行かないので僕はこの方法を使ってます。プレイヤーをデスクトップにショートカットすれば、クリックするだけで直接プレイヤーにいけます。

PSVRとの比較

メジャーなPSVRとの違いを大きく挙げると

+メリット+

1:画質が綺麗過ぎてビビる

2:PSVRでカクついてた2K,4K,HQシリーズが普通に見れる

3:視野角が広いので没入感が増した

4:長いコードとイヤホンコードの位置が良いので、うまく配線すれば邪魔にならない。

5:動画を再生するのに、いちいち外付けHDを付けたり移動する必要がない

6:PSVRでは出来ないVRエロゲーが出来る

PSVRでは4KのVRはされないのと、VRカノジョをやってみたかったのが買い替えのきっかけです。
デバイスのチェンジは余りしたくなかったのでなるべくスペックの高いのを購入して長く使おうと思いこのゴーグルにしました。
結果は大満足!画質も比べ物にならない程綺麗になったし、エロゲーも楽しめたしSteamvrのSKYBOXという無料プレイヤーも使いやすく、動画を見る為の煩わしい手間も減りました。

-デメリット-

1:ある程度性能の良いPCが必要

2:ヘッドセットの装着感、調整はPSVRのが上(PSVRはダイアル式、Reverbはマジックテープ)

3:初期型が動作中にフリーズする(公式で買えば問題ないかと

4:眼鏡が非推奨(緩めにすれば一応付けたまま装着出来るが、調整が難しい)

5:自分にあったアプリを探す手間(再生プレイヤーだけでも結構種類あります

6:VRエロゲーなどやる時は、PC知識が必要(筆者はそこまで詳しくないですがサイトなど見れば大丈夫でした。

大きく挙げるとこんな感じですね。

PSVRとReverbを並べてみました。


僕が購入したのは日本発売日に予約したのですが、いわゆる初期型で、1時間程稼働させると熱暴走でフリーズするという物でした。
が、これには対応策があり、現行品では付属品で付いてくるヘッドギアとUSBを繋ぐ場所に、留め具をきっちり付ければフリーズする事は無くなりました。

↓留め具


もし万が一フリーズするような事があれば、こちらを付けるか、付属されてなかった場合はサポートに連絡すると良いと思います。

最後にこのReverbの後継機が発売する事が、つい先日発表されました!その名も

Reverb G2!

スペックの詳細は明かされてませんが、恐らく画質の向上かワイレヤス、スタンドアローン型化などではないでしょうか?
まるで新作ゲーム発表かのような動画、攻めてて良いですね笑

開発にはValveも協力していることから、SteamVRにも対応すると考えられます。米メディアが問合せをした所、
“この提携を通じて、Valveとマイクロソフト、HPは、より没入感が高く、快適で、互換性のあるVR体験をお届けします”との事。期待が高まりますね!
さらなる続報を期待して楽しみ待つとしましょう!

2021.1.07追記
どうやら性能はreverbとほぼ大差ないですね。画角も画質もまったく同じスペックで液晶が違うみたいですが劇的な変化は得られないと思います。
資金に余裕のある方や新しいデバイスを試して見たい人には良いかもしれませんが、自分は現状維持ですね。画質は正直もう十分だと思いますので次は画角を拡げて欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました